ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




野菜より肉が好き

 

肉類ばかりを食べていると、ワキガになると言われています。

 

これは、あながち嘘ではないと言えます。

 

ワキガは遺伝というの一番が多くなっていますが、その他に肉類の過剰摂取によるものも多いのです。

 

近年、日本人にもワキガになる人が増えた要因として、食生活の欧米化があります。

 

肉類や乳製品などの動物性たんぱく質や脂肪分は、ワキガの原因であるアポクリン腺を刺激し、より強い刺激臭が発生させるのです。

 

欧米人などにワキガ多いというのは、周知のとおりだと思いますが、それもこの動物性たんぱく質などをメインとした食生活を送っているため、遺伝的にもそのような体質となってしまっているのです。

 

逆を言えば、ワキガ体質だったとしても、食生活で動物性たんぱく質を控え、日本食の植物性たんぱく質をメインとしたものに変えただけで、多少なりとも臭いの軽減になるのです。

 

基本的に成長期にワキガ体質であることが判明し、老化とともにアポクリン腺も退化していくので臭いも弱まってきます。

 

それも、若いうちは肉類や脂っこいものが大好物の人が多く、年を追うごとに肉類や脂っこいものがいらなくなってくることも、老化とともに臭いが軽減されていく要因となっているようです。

 

食事改善やストレス解消をしても、ほとんど臭いの軽減にはなっていないという重度の人は、早めに専門家に相談をして、治療や手術などで臭いをなくす努力をすることをお勧めします。