ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




下着に黄色い色がついている

 

白い下着を着ていて、汗をかいたりした場合、黄色くシミになっている人がいます。

 

いつもそういったことが多い人は、ワキガである可能性があります。

 

下着が黄色いシミになっているということは、アポクリン腺からの分泌物である可能性が高いからです。

 

アポクリン腺は脂肪やタンパク質や色素などが含まれているため、黄色をしています。

 

逆にエクリン腺は無色透明であるため、下着に汗の跡がついても黄色くなることはないです。

 

ワキガはアポクリン腺の分泌が多い人がなりやすいですので、関連性があるのです。

 

他に、白い下着が黄色くなる原因としては、制汗スプレーなどのデオドラントを使用しているために、それが普通の汗と混じり合い、黄色いシミとなっている場合もあります。

 

そういったデオドラントなども使用しておらず、毎日お風呂などでもしっかり洗い、清潔にしているのに汗をかくと黄色いシミになってしまう人はワキガを疑うことです。

 

ワキガの臭いは強烈ですが、鼻は鈍感ですので意外と自分では感じない人も多いのです。

 

しかし、周囲の人たちにはすぐわかってしまうくらいの刺激臭の場合もあります。

 

こういったように自覚症状がなくても、下着が黄色くなるなどのことが多くある人は、病院などで検査や治療をしてもらうことをおすすめします。

 

現在は医学も発達し、手術でもワキガが治りますので、早めに専門家に相談することです。