ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




脇の下が臭う

 

ある特定の人にだけ出てくる脇の下の臭いをワキガと呼びます。

 

主に脇の下からのみ臭うために、医学用語では「臭汗症」とも呼ばれています。

 

一般的によく言われるワキガの独特の臭いは、「鉛筆の芯のような臭い」や、「葱のような臭い」、「錆のような臭い」などといった特有の臭いと言われています。

 

脇の下にこのような臭いがある方は、専門の病院で診断を受けることをお勧めします。

 

実際にはワキガではないのに、自分はワキガだと思い込んでいる人が多いといいます。

 

「汗が多い」「体臭が強い」という理由だけでワキガと決めつけてしまい、悩んだ末にクリニックを訪ねてくる方も多いのです。

 

誰にも相談できず、一人で悩んでいる方も多いのですが、多汗や体臭の強い全ての人がワキガかというと、決してそうではないのです。

 

原因を探ってみると、単なる汗っかきなだけだったり、疾患が原因だったりと、そのような原因が元となっている場合も珍しくありません。

 

特有の症状としては、脇の下からの強い臭いや、清潔に保っていても臭いが消えない、服などに黄色いシミができるなどがあります。

 

他にも、耳垢が柔らかい場合や、脇の下のみの多汗も症状の一つです。

 

その他、脇毛が濃い場合も、毛根が多いことが原因となり症状が出やすくなります。

 

乳輪の周りに毛が多い場合も同様です。