ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




幼稚園や小学生もワキガになる?

 

幼稚園から小学生までに起こる病気や症状の中には、大人にも起こるものが多くあります。

 

しかし、ワキガは幼稚園から小学生のいわゆる子供には、起こりにくい症状です。

 

これらの原因となっているアポクリン腺は、第二次成長に差し掛かると発達しますので、思春期頃、ホルモンの分泌が盛んになる時期から、症状が出てくるためです。

 

しかし、現代社会ではワキガが発生する年齢が低年齢化しているという傾向があります。

 

子供の身体の早熟化が進行していることによって、子供にもワキガの症状が出るケース増えています。

 

現在では、小学生低学年の児童であっても、ワキガになっている場合もあります。

 

このまま子供たちの肉体的な成長が早まれば早まるほど、年齢が低いうちからワキガに悩むお子さんや親御さんが出てくる可能性も十分あります。

 

幼稚園や小学生の子供の場合、イジメの原因にもなりますし、大人よりも少し深刻です。

 

実際に「幼稚園・小学生の我が子がワキガで悩んでいる」「親として心配」など、子供本人もそうですが、親御さんも心配の要因になっているのも現実です。

 

しかし、成長段階の途中は完治が難しく、ある程度の年齢になってからの方が有効です。

 

低年齢の成長過程だと、結果的には手術を幾度と繰り返すことになってしまいます。

 

手術等が可能な平均年齢としては、アポクリン腺が十分大人の大きさになる時期で、高校生前後を目安にするといいようです。