ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガが起こる年齢

 

ワキガが起こりやすい年齢というものがあります。

 

ワキガはアポクリン腺という汗腺が影響をしています。

 

アポクリン腺から出てくる汗が皮膚表面に出てくると、細菌などにより分解され、強烈な刺激臭となるのです。

 

ワキガであるかどうかというのは、アポクリン腺の大きさや量によるのですが、大人になり身体が完成されるとアポクリン腺の大きさや量は決定します。

 

そのため、大人になっていく段階の思春期の年齢がワキガが起こる年齢といえます。

 

アポクリン腺は言い換えると一種のフェロモンとも呼ばれ、性ホルモンの分泌に関係があります。

 

そのため、女性の場合などは初潮になるとワキガが起こってくる可能性があります。

 

30代や40代になってから、脇が臭くなったためワキガではないかと思う人がいるようですが、前述のように、思春期の年齢にアポクリン腺の量は決まっていますので、ほとんどの場合は、そうではなく体臭ということになります。

 

しかし、その年齢になってからワキガになる人もいないわけではありません。

 

それは、食生活の変化や生活習慣の変化などが原因です。

 

アポクリン腺の量は変わることは少ないのですが、若い頃は皮膚が清潔に保たれていたのに、老化で皮膚の雑菌がたまってしまったため、臭いが出てきたということがあるのです。

 

年齢とともにアポクリン腺のも退化していきますので、年をとることにより臭いもなくなります。

 

女性の場合は閉経すると、治るといった場合もあるようです。