ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガは遺伝するの?

 

ワキガは遺伝的要素が割と強く、自己に責任や要素がなくとも、片親がそうであれば50%の確率で遺伝し、両親がそうであれば75%もの確率で遺伝し、思春期頃になると症状が発生すると言われています。

 

また、一般には耳あかが粘る人には、共通してワキガの可能性もあると言われています。

 

その遺伝や症状の程度は人によって異なりますが、ご自身が気になれば、ワキガ治療は是非お勧めしたいところです。

 

また、遺伝やワキガではなくとも、多汗症で悩んでいる方はとても多くなっています。

 

ワキガ・多汗症のどちらかで、悩んでいる場合も少なくはありません。

 

汗を作り出す腺の種類には、生まれた時から全身に発達しているエクリン腺と、思春期に硬毛が生えてくる部位のみに発達すると言われる、アポクリン腺とがあります。

 

思春期以降、腋下の汗の量はアポクリン腺が8割程度、エクリン腺は2割程度になります。

 

ワキガの元はアポクリン腺から生産されていますので、治療の効果はアポクリン腺をどれだけ除去することができるかによります。

 

脇下のアポクリン腺を見てみると、隙間なく繁茂している状態ですので、吸引法や超音波法では、長期間にわたって効果を実感するのは難しいのも現状です。

 

現在では、最新レーザー等を併用し、皮脂腺をレーザーのパルス波と熱凝固によって、確実に減少させて治療を行うこともできます。