ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガと汗の量

 

運動をした時や暑い時に人一倍汗をかく人が、必ずしもワキガではないのです。

 

基本的には、代謝として体温調整をしているだけなので、心配する必要はありません。

 

食事をすると汗を大量にかく人がいますが、これも特に問題の無い自然な事です。

 

肥満の人においても、人より皮下脂肪が厚い為に、体内の熱が放出されにくいためです。

 

暑くもなく運動も特にしていないのに、大量の汗をかく状態は、ワキガとはまた違い、多汗症と言われます。

 

その症状によっても2種類の原因に分かれています。

 

1つ目は、全身に症状が出るもので、急性リウマチ・糖尿病・結核・肥満など、病気が原因となり起こるもので、原因となっている病気を治せば症状は改善します。

 

2つ目は、手のひら・足の裏・ワキの下などの限られた一部にのみ症状が集中し、原因はまだ解明されていませんが、緊張・興奮・ストレス要因が原因の場合が多く、自律神経のバランスが崩れる事によって起きる症状です。

 

通常はこれらの症状によるもので、大量に汗をかいたとしても、必ずしもワキガ臭を発するという恐れはありません。

 

しかし、ワキの下に大量に汗をかけば、ワキガ臭を拡散する要因ともなり得ます。

 

ですから、これらの症状が1つの要因となり、そこからワキガが発生してしまうということは、原因の1つと解釈することもできます。