ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガと冬場

 

多汗症や汗臭いなどとは比例できないもので、ワキガというのがあります。

 

このワキガは夏場の方が、きつくなるイメージが強いものです。

 

しかし、意外にも冬場になると、ワキガが気になるという人は多くいます。

 

その原因は様々ですが、夏場は通気性が良い薄着で過ごし、室内も涼しくします。

 

しかし、冬場は重ね着をして、室内も暖めるので思っている以上に身体は暑くなります。

 

また臭いも外に発散されないので、体臭が中にこもり濃厚になります。

 

そのため、外に臭いが漏れるときには、きついワキガ臭となって出てくるのです。

 

季節により基礎代謝が違い、夏に基礎代謝を下げ、反対に冬は上げる体質の人もいます。

 

そうすることで、季節の変化に身体を合わせて保っているのです。

 

このような場合、夏場にはワキガがなかったのに冬になると発症するということが起きます。

 

これは個人の感じ方の違いですが、夏場は皆が汗をかきます。

 

そのため汗臭いのは自分ひとりではありません。

 

しかしながら冬場は電車や室内などの密室においても、汗の臭いは減ってきます。

 

そのような場で一人だけ汗をかいていると、意識もそこに集中するので気になるのです。

 

また、人は寒いところから暑いところに移動すると汗を意識するとも言われています。

 

冬場は外から室内に入ると、このシチュエーションになるのでやむを得ないのでしょう。