ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガになる人とならない人の違いは?

 

まず知っておいて頂きたいのは、ワキガというのは病気ではないということです。

 

ワキガとは、ワキの下の汗が原因となり発生した不快な臭いのことを言います。

 

汗の成分であるアポクリン汗とエクリン汗の2種類があり、ワキガのニオイの原因は、アポクリン汗の方になります。

 

アポクリン汗に含まれる成分が、毛穴や皮膚の表面に生息する細菌によって分解され、独特な臭いを発生させるするようになっています。

 

さらには、表皮で皮脂が分解されてできた脂肪酸の臭いがそれに加わってしまい、ワキガ臭をさらに強くするようになっています。

 

汗に対して我々人間は、あまり良い印象を持っていないものですが、汗自体は、体温を一定に保つために調節をするための現象で、とても重要な役割を持っています。

 

体温を平熱に保とうと、体内での過剰な熱を発散させるために汗を出しています。

 

食物から生きるためのエネルギーを得て、食物が体内で消化吸収され、さらにエネルギーになる為にも酵素の働きが必要で酵素がスムーズに働くのが平熱です。

 

ですから、汗自体が悪いのではなく、汗と皮脂が混ざり合った時に発生する細菌が、臭いの原因物質を増殖させてしまうのです。

 

男女共に男性ホルモンの強さや、身体の清潔、汗をかく量などそれぞれの要素によって、ワキガになる人・ならない人が変わってくるのです。