ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガの臭いの元はどこ?

 

ワキガで悩んでいる方にとっては、その臭いの原因は気になるところです。

 

では、「どうしてワキガは臭いがキツいのか」を簡単に解説いたします。

 

ワキガになる原因には3つの理由があります。

 

主に脂質・脂肪酸によって大きな影響があると考えられています。

 

1つ目は、アクポクリン汗腺の数、2つ目はアポクリン汗に含まれる成分の構成比率です。

 

最後に3つ目の原因は、皮脂の量です。

 

アポクリン汗腺が多く、分泌量も多い人はワキガ臭が強くなると考えられており、主に黒人・白人にワキガが多いのも、黄色人種に比べるとアポクリン汗腺が多いためです。

 

一般的にアポクリン汗腺が少ない日本人であっても、臭いの強い人は、アポクリン汗腺の数やアポクリン汗の量が多いことが解明されています。

 

アポクリン汗の構成物質は、たんぱく質・脂質・糖類・鉄分・アンモニア・色素等です。

 

正確にはこれらのどの物質がワキガの主な原因なのかは、解明はされていませんが、脂質と鉄分が多い場合は、相互作用で臭いが強くなるという説もあります。

 

もう一つの説として、脂質の中の低級脂肪酸の量が影響しているという説も有力です。

 

同じく皮脂についても、量が多ければ細菌によっては脂肪酸に分解される量も増えて、不快な臭いの元が多くなるということです。

 

これらの説や原因を総合して考えるてみると、ワキガの臭いの原因は、脂質や脂肪酸の量などが大きく影響しているということになります。