ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




どうしてワキガになるの?

 

「どうしてワキガになるのか?」といった疑問は大いにあることでしょう。

 

実は、性ホルモンと深く関係していると言われています。

 

男性ホルモンが活発に働いていると、ヒゲやわき毛などの体毛が濃くなります。

 

男性ホルモンが活発かは、男性にだけでなく、女性に対しても同じ事が言えます。

 

ワキガの多くは、性ホルモンが活発に働き始める10代後半から30代の頃に見られます。

 

つまり、ワキガと性ホルモンはかなり密接な関係があるということが言えます。

 

同じく、毛深い人についても、性ホルモンが活発に働いているので、ワキガの症状が出る可能性も大きいと考えられます。

 

毛深いということは、毛根が多いということを示していますので、必然的に臭いの元である皮脂が出る皮脂腺も多いということです。

 

つまり、毛深いというだけでもワキガの条件は揃っているというわけです。

 

体毛が多く、密集していると細菌などが繁殖しやすくなりますので、毛深い人については、ワキの下などを清潔に保つように心がけることがとても必要です。

 

また、偏った食生活も大きな要因の1つとなり得ます。

 

肉の食べすぎや、野菜不足、塩分の取り過ぎ、お酒の飲み過ぎなど、食生活を改めるのはとても重要な事で、ビタミンA・C・Eはワキガ予防に効果的な成分と言われます。

 

ビタミンAは「耐菌性ビタミン」とも呼ばれ、皮膚の新陳代謝を高めて、抵抗力をつけ、細菌の繁殖を抑える働きをしています。

 

ワキガを抑えるには、洋食よりも和食中心の食生活が効果的です。