ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術後、合併症や後遺症はないの?

 

ワキガでお悩みの方は意外と多いようです。

 

自分で気付いて悩んでいる方や周囲の人から指摘されて悩んでいる方など様々です。

 

ワキガの治療法には薬の投与によるものと手術によるものがあります。

 

ワキガ手術はメスを使用して皮膚を切り取ることになりますので、その必要性と効果に疑問を持っている方も少なくありません。

 

ワキガ手術は、それなりにリスクを伴うものなので、少しでも疑問を感じたら医師とよく相談して、手術の方法と結果の効果についてよく確認することが必要です。

 

特にワキガ手術後の結果についてはよく確認し、疑問点を明確にして納得された上で判断しましょう。

 

ワキガ手術を受ける上での疑問としてあげられるものには、手術後の合併症や後遺症についての心配事も寄せられます。

 

ワキガ手術はある程度の出血を伴いますので、合併症や傷跡などで後遺症が残る場合もあります。

 

いくつかの考えられる合併症は、皮膚の中で出血して留まり塊となる血腫、細菌の感染による化膿、ケロイド症などがあります。

 

後遺症としては傷跡やシワ、痺れなどがあるようです。

 

また、期待する効果が得られずに手術の失敗と思いストレスが溜まるケースも、ワキガ手術の代償と言う意味では後遺症と言えるかもしれません。

 

ワキガ手術は合併症や後遺症のリスクがある手術ですので、医師とよく相談して疑問点や納得できないことを解決してから受ける必要があります。

 

手術を受ける前に合併症や後遺症について知識を持っておくこともよいでしょう。