ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガと日本人

 

犬や猫などの動物達は、自分の臭いをつけるマーキング行為というのもをします。

 

人間一人一人にも、個人個人の臭いというのは、生物のため必ず存在します。

 

しかし、ワキガは汗の臭いとは、全く比べ物にならないほどの強烈な臭いを持っています。

 

日本人は体臭や口臭など、個人の臭いに対して非常に敏感で気にする人種です。

 

そういう個人の臭いというのは、自分自身が感じる以上に相手に不快感を与えます。

 

だからこそ、他人に気を使う日本人は、余計に敏感なのかもしれません。

 

しかし、欧米人に比べると日本人の体臭はたいしたことではないとよく言われます。

 

欧米人は体臭そのものがきつく、ワキガやその予備軍も含めればほぼ全員といえます。

 

欧米人は香水や臭いのきついものを好むのは、こういった理由からです。

 

香水をつけることで香水と体臭が混ざり合い、各個人の臭いを演出することが出来ます。

 

それに比べると日本人は人口の約1割しかワキガ体質の人はいません。

 

そのため無臭の日本人が香水をつけても、香水独自の臭いばかりが目立つことになります。

 

無臭の人が多い中で生活しているので、ワキガの人の悩みはより深刻なものです。

 

さらにヨーロッパでは昔から医学に対しても一歩先を行く存在でした。

 

しかし、ワキガに対しては、日本のワキガ手術は初めて見たという人が多いのです。

 

体臭は個人の臭いとしてあるものなので、治療の必要性はないという考えだからです。