ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術後、脇毛はどのくらい残るの?

 

ワキガ手術の後に、脇毛がどのくらい残るのかを疑問に思う人は多いことでしょう。

 

ワキガ手術の疑問を解決するためにも、脇毛がどのくらい残るのかを知る必要があります。

 

ワキガ手術で、もし脇毛がある程度残るという疑問が解決したら、手術をしてもいいと言う人が中にはいるかもしれません。

 

しかし残念ながら、ワキガ手術をした場合には、脇毛はほとんど残らないのが現実のようです。

 

これでは、疑問が解決したことにはならないかもしれませんが事実なのです。

 

もちろん、完全に無くなる人もいれば、少しだけパラパラと残る人もいるようです。

 

基本的に女性よりも男性の方が、脇毛が残りやすい人が多いようです。

 

少し生えてくるというと疑問かもしれませんが、ワキガ手術の後の脇毛は、毛根の位置が皮膚に沿って横に生えている場合、導管部を剥離する際に取れずに残ることがあります。

 

もう一つのパターンでは、毛の再生サイクルで休止期にあった部分が再生することがあると言われています。

 

毛が生えてきた部分にアポクリン腺がよみがえったのではと心配する人も中にはいますが、それは安心していいでしょう。

 

何故なら、導管部まで取り除いたらアポクリン腺は再発することはないからです。

 

男性で脇毛を残したい人の場合には、導管部を取る際に毛を避けながら剥離するといいでしょう。