ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術の時間は?

 

ワキガ手術には切開、レーザー、超音波など、様々な方法が用いられており、手術にかかる時間も様々です。

 

できるだけ手短に、お手軽にできる手術はないの?

 

このような疑問はよく聞かれます。

 

剪除法など、切開するタイプのワキガ手術は、片方で60分程度かかります。

 

手術後は入浴や運動の制限がある場合が多いですが、手術効果はほぼ永久に続き、また保険が適応されることの多い治療法です。

 

マイクロレーザー法など、レーザーを照射して治療するワキガ手術の場合は、所要時間は片方で20分ほどです。

 

短時間で終わり、手術後の腫れや傷は目立ちにくいですが、期待したほどの治療効果が出ない場合もあります。

 

最近では超音波を用いたワキガ手術も普及しており、こちらは片方15分程度で終わります。

 

切開とレーザーをあわせたような治療法ですが、身体への負担が最も少なく、手術後の傷もほとんど目立たないことから、最近人気のワキガ手術です。

 

実際の手術時間はクリニックによって異なることもありますので、直接問い合わせてみることが、疑問解消の近道と言えます。

 

ワキガの症状によっても適切な手術法は変わってくるため、疑問をお持ちの方は、まずは無料のカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

 

手術時間に関する疑問はよく耳にしますが、手術の効果やかかる費用も様々であるため、時間のかからない手術法が一番優れているとは、一概には言えません。

 

お近くのクリニックでカウンセリングを受けてみれば、疑問もすっきり解消されることでしょう。