ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




保険適応と適応外の手術内容はどう違うの?

 

保険が適応されるワキガ手術と、適応されないワキガ手術があります。

 

どちらの手術が優れているかは、一概には言えませんが、ご自分の症状と予算に合わせたワキガ手術を選ぶのが大事です。

 

ワキガ手術に保険を使いたい場合は、「皮弁法」という手術を行う必要があります。

 

これは皮膚を切開し、アポクリン汗腺を取り除くという施術方法で、単純ですが確実に効果のある手術です。

 

一方、保険の適応外であれば、費用の負担は大きくなりますが、レーザーや超音波を用いた治療法があります。

 

皮弁法と比べて手術が短時間で終わり、身体への負担も比較的少ないというメリットがあります。

 

ただし、皮弁法と比べて、手術後の効果に疑問が残る場合もあります。

 

重度の症状で、日常生活を普通に送るのにも問題があるという方は、保険が適応できて確実に効果のある、皮弁法の手術をお勧めします。

 

一般的には、総合病院などの大きな病院では皮弁法、美容整形外科など、ワキガ手術を専門としているところは、レーザーや超音波などの治療方法を採用しているところが多いです。

 

手術内容に疑問をお持ちの方は、お近くのクリニックで相談してみると良いでしょう。

 

また、保険適応外でも手術内容やキャンペーン中などは、比較的安価に対応してくれるクリニックもあります。

 

無料カウンセリングを実施しているところもありますので、疑問があれば実際に行ってみることをお勧めします。