ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガと人種

 

ワキガの割合は、人種によってもかなりの差がでてきています。

 

日本人はワキガだけではなく、全体的に体臭そのものが薄いと言われています。

 

ちなみに、現在の日本人の割合ですが、100人に10人程度がワキガであると言われています。

 

これは人口割合で言うと、全体の10%程度の割合になります。

 

また中国大陸の人々はもっと少なく、5%前後の割合と言われています。

 

そして、黒人が最も多くほぼ100%、続いて白人も80%程度と言われています。

 

世界中からみて日本人はきれい好きで、臭いに敏感と言われています。

 

臭いがあるということは、きれいなイメージはあまり持たれません。

 

また、ワキガの人口も日本国内で見れば少ないので、非常に敏感にもなってきます。

 

しかし、世界中で見れば、ほとんどの人が持っているもので自然なことになります。

 

ワキガは食生活と大きな関わりを持っているため、食生活を変えることで変わってきます。

 

日本人は本来、魚と野菜中心食でしたが、肉中心の食生活へと変わってきています。

 

そこを考えると、今後日本人もこの割合は増えてくるとも考えられています。

 

これは日本人だけに限らず、中国などにも同様のことが言えます。

 

そうなると、ワキガや体臭自体は普通のことになってくるとも考えられるのです。

 

お互いに気にしないですむ時代が来るのも考えられることです。