ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術で保険が使えない場合は?

 

ワキガ手術を受ける時に一番疑問に感じるのは、保険が使える場合と使えない場合があるのはなぜか、ということではないでしょうか。

 

ワキガ手術で保険が使えるのは、皮弁法(反転剪除法)という切除方法でワキガ手術をする場合だけです。

 

皮弁法とは、ワキガの原因である、汗や分泌物を出すアポクリン汗腺とエクリン汗腺をわきを数センチ切開して直接取り除く方法です。

 

汗腺を取り除きますので、ワキガを完全に治療できる方法としても有名です。

 

ただし、皮弁法の手術で保険が使える場合は、重度のワキガのみです。

 

軽度のワキガの場合は、保険が適応されません。

 

そもそも厚生省がワキガ手術に保険を適応してもよいと認めている理由は、悪臭が周囲の迷惑になり業務に支障をきたす場合があるからです。

 

よって、近寄っただけで酷いワキガ臭がするような臭いのきついワキガに対して保険が適応されるのです。

 

ちなみに、保険が使えるワキガの手術費用ですが、両脇で5万円ぐらいが相場のようです。

 

皮弁法以外の場合は自由診療となり、保険が使えません。

 

保険が使えない場合は、もちろん全額自己負担になります。

 

しかし、独自の保証システムを設けている病院も多いですので、疑問などがあった場合などでもすぐに対応してくれるようになっています。

 

さらに最新のワキガ手術など様々な手術方法から、自分に合ったベストな手術を選択することが出来ます。

 

また、ワキガ手術の内容は大丈夫なのかと疑問を持つ人も多いでしょう。

 

保険が使える皮弁法でワキガ手術をした場合は、1週間ほど脇の固定が必要になり、日常の動きがどうしても制限されます。

 

また、術後に数回通院する必要があります。

 

このような理由から、仕事などで忙しい人には向いていません。

 

対して、保険が使えないワキガ手術の場合は、皮弁法のように長時間脇を固定する必要がなかったり、傷口が目立たない手術に特化していますので、自分の都合に合わせて、どちらかを選択するのがよいでしょう。