ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術が受けれない人はいないの?

 

ワキガは、アポクリン汗腺、エクリン汗腺、皮脂腺から出る汗や分泌物が、細菌で分解されることによって発生する臭いのことをいいます。

 

ワキガの治療には、ワキガ手術が有効です。

 

現在のワキガ手術は最新機器を利用してのレーザー治療など、切らずに治すことが可能になりましたので、ワキガ手術を受ける人も増えています。

 

しかし、ワキガ手術そのものに抵抗があったり、手術が受けられないのではないかと、疑問に思っている人もいるでしょう。

 

その人が抱えている病気や、飲んでいる薬によっては受けられない場合もありますので、該当する人は事前の診察時に疑問に感じていることを確認しておく必要があります。

 

年齢という点では、ワキガの原因である汗腺の発達段階にある思春期の年齢の場合、再発する可能性を考慮して手術が受けられない場合もあります。

 

この場合も事前の診察時に疑問に感じていることを確認しておく必要があります。

 

また、ワキガの度合いによっては手術が受けられない場合があります。

 

度合いと一言でいっても疑問に思う人もいると思いますが、実はに臭いにも、強い弱いがあります。

 

日本人は消臭にこだわる民族で、体臭を消すことに必死です。

 

体臭にこだわるばかりに、自分ではワキガだと思っていても、実はワキガではないと診断されるような場合もあります。

 

このような場合は当然ワキガ手術は受けられません。

 

「自分がワキガかな?」と思っても気にしすぎの場合がありますので、早めに医師の診断を受けることが望ましいでしょう。