ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガと遺伝

 

ワキガは遺伝するものと言われています。

 

自分がワキガかどうかを確認する方法の一つとして、遺伝も考えなければなりません。

 

自分の親族にワキガの人がいるかどうかは、とても大きなポイントです。

 

ワキガは優性遺伝といわれ、遺伝子としてとても受け継がれやすいものなのです。

 

片親が腋臭だったとすると、その子供の約半数の子がワキガになると言われています。

 

また、両親が当てはまる場合には、約八割の子がワキガになるものと言われています。

 

とても遺伝要素が高いものですが、すぐに自分の子がワキガかはわからないのです。

 

何故なら、ワキガは幼少期にはなかなか発覚せず、思春期以降に気付くことが多いからです。

 

まれに早い子では、小学生くらいから症状が出る子もいますが、少ないものです。

 

そして、両親ともにワキガでなくても、まれになる方もいます。

 

そのため、自分自身がワキガになっているかどうかを確認する手段としても使えます。

 

親族もワキガになっているのであれば、聞きやすいことでしょう。

 

親族にいれば心構えもできることでしょう。

 

そして、自分もなっているかどうかを聞くのが、一番手っ取り早い方法ともいえます。

 

ワキガを抑える方法として、制汗剤をしたり、極力汗をかかないようにする方もいます。

 

手術をする人もいますが、手術をしても遺伝形質までを変えることは出来ません。

 

親がワキガなら、自分が悩んだように子供も悩むことは少なくありません。

 

この身近な存在から、手を差し伸べてあげるのも大事な手段の一つとなることです。