ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




電気分解法

 

電気分解法のワキガ手術というのが、多汗症治療に有効です。

 

電気分解法と呼ばれる種類の方法は、主としてエステサロンで実施されている種類の方法です。

 

しかし、最近では多汗症治療以外にも、ワキガ手術として行われています。

 

そもそも、電気分解法は永久脱毛のために行われていた治療方法なのです。

 

それを多汗症やワキガ手術の治療に応用したのが電気分解法です。

 

この種類の方法は、毛穴に電極の針を差し込むことで電流を流すことによって、毛根や汗腺を破壊していく種類の方法です。

 

この方法は、エステサロンでよく行われることから、多汗症治療をするのに病院を通うことに抵抗を感じる人が利用する方法の1つです。

 

しかし、この種類の方法は、毛穴一つひとつに対して行われる治療であることから、長い時間と大きな費用を要するのです。

 

しかも1年以上継続して行うことが必要になります。

 

その効果としては、2週間程度で汗や臭いが減少し、しばらくすると汗や臭いが戻ります。

 

しかし1ヶ月後に行う治療以降は、汗や臭いが大きく減ってくるのです。

 

そして傷跡が残らず、治療翌日には入浴できる点は優れており、日常生活に支障をきたすことはほとんどありません。

 

欠点としては、エステサロンでは医療行為ができないので、麻酔を使うことができずにすることから、施術中はかなりの痛みを伴います。