ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




皮下組織剪除法

 

皮下組織削除法とは、ワキガ手術の時に行われる種類の1つです。

 

皮下組織剪除法は、わきの下を1センチほど切開するワキガ手術の種類で、特殊なローラー、剃刀のような器具を用いて行う手術の種類になります。

 

皮下組織剪除法は、皮下組織を上手く動かして除去していく方法です。

 

このワキガ手術は、皮下組織内にあるエクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺のあらゆる汗腺を排除していきます。

 

この皮下組織剪除法は、器具を使用するので、技術が要求される種類の1つになります。

 

このワキガ手術を施す場合は、器具を扱いなれている医師にしてもらいましょう。

 

特殊な器具を使用するのが皮下組織剪除法なので、技術や経験を要します。

 

皮下組織剪除法による傷跡は、大したことはありませんが、皮下組織を排除してしまうことから皮膚は薄くなります。

 

そうすると色素沈着しやすくなるので、入院しなければならなくなるかもしれません。

 

エクリン汗腺をも排除するので、ワキガ治療としては優れています。

 

そして多汗症の人も同様に治療可能です。

 

わき毛も少し残すことができることから、男性にもお勧めの種類の中の方法になります。

 

専用器具については高度な技術が要求されますが、取り除きにくい皮脂腺やエクリン腺が排除できるので有効です。

 

脇下にいくつかの傷跡が残り、皮膚を薄く削ることから黒ずみが残ってしまうので要注意です。

 

術後は数日の入院を要し、脇を固定する必要があります。