ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




皮下組織切除法

 

ワキガ手術にはいくつかの種類がありますが、その中に皮下組織切除法というものがあります。

 

様々なワキガ手術では、それぞれで特別な種類の器具を用いますが、皮下組織切除法では、はさみに似た特殊な器具を用います。

 

この特殊な器具は、一方にローラーもう一方にはスプーン状のものがついています。

 

ワキガ手術の皮下組織切除法では、この特殊な器具をわきの下に数センチほどメスを入れ、皮膚を切り開いた箇所からこのスプーン状のものでワキガの原因となる汗腺などを取り除くのです。

 

皮下組織切除法だけでなく、どの種類のワキガ手術を受けた場合でも同様ですが、手術を担当する医師の技量が、術後の経過を大きく左右します。

 

担当医の技術如何によっては、ワキガの原因である汗腺などを十分に取り除くことができずに、残ってしまい治療の成果が現れないこともあります。

 

さらには、皮膚が破損してしまう危険もあり得るのです。

 

皮下組織切除法は、ワキガ手術の種類のなかでも、ワキガの原因となる汗腺などを取り除いてしまうので、治療効果が高い方法ですが、入院が前提となります。

 

ですから、皮下組織切除法の手術を希望する場合には、受診する医療機関を慎重に選びたいものです。

 

さらに、事前に担当医と十分にコミュニケーションをとり、納得のいった上で手術を受けることをお勧めします。