ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




皮下組織掻爬法

 

ワキガ手術には複数の種類があり、わぎがの程度などに応じて様々な手術法が考案されて実行されています。

 

ワキガ手術の種類の一つに皮下組織掻爬法(ひかそしきそうはほう)があります。

 

皮下組織掻爬法は、わきの下のしわに沿って数センチの切り込みを入ます。

 

その切り込みにキューレットという刃のついたスプーン状の器具入れて、皮下の裏をこすって臭いの元となるアポウクリン汗腺などを掻きとっていきます。

 

ワキガ手術で気になるのは手術の際の傷口ですが、皮下組織掻爬法は、皮膚をあまり切らないので傷口が目立つ心配はあまりありません。

 

しかし、皮下組織掻爬法は、切り込みを入れた穴からキューレットを使い手さぐりで汗腺を掻き取るので、熟練した人でないとうまく汗腺を掻き取ることができなかったり、他の皮下組織にまで傷つけてしまい、手術後の回復が遅れたりする場合があるなどの欠点もあります。

 

ワキガ手術は、臭いの元の汗腺を除去しますが、皮下組織掻爬法による手術は、皮下組織を傷めないことを考慮して行うと、臭いの元の汗腺が除去されきれず、ワキガ回復に十分な効果がある種類のワキガ手術になりかねない場合もあります。

 

他にも様々なワキガ手術の方法がありますので、その後の再発率が低いものや、自分の皮膚の手術後の傷なども考慮して最適な方法を選ぶのが良いでしょう。