ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




皮下組織削除法

 

ワキガ手術は手術方法の種類によってある程度の再発があったり、手術の傷跡が多少残ったりなど、それなりの問題点がどの種類の手術にもあります。

 

皮下組織削除法は、ワキガの臭いの元になるアポクリン汗腺類を完全に除去してしまう方法で、臭いの元になるものを断ちきるワキガ手術の代表的な方法のひとつです。

 

皮下組織削除法は、切開する範囲が1センチ程度とほかの手術方法より大きいですが、切開した個所に片方がローラー、もう片方が剃刀で構成されたハサミのような器具で皮膚をはさみ移動させながらアポウクン汗腺、エクリン汗腺、皮脂線をすべてを取り除けます。

 

他の種類のワキガ手術もそうですが、皮下組織削除法による手術は、他の方法よりやや規模の大きい手術になるので、熟練した医師の元で手術を受けることをお勧めします。

 

皮下組織削除法は手術に要する時間もほかの手術よりも長く、手術後に手術痕が残ったり、手術痕の肌の色が黒ずんでしまたったりしますので、女性の場合はワキガの臭いを断っても皮膚が気になる方も多いようです。

 

また手術後に1週間ほどの入院が必要なこともあり、気軽に短時間で行えるというわけではないので、仕事や人目を気にせずに行える小規模な方法ではありません。

 

ワキガ手術は皮下組織削除法に限らず、種類によりそれなりのデメリットも伴います。

 

ワキガの臭いの悩みが気になる方は、自分の症状の度合や施すワキガ手術の種類を含めてじっくり吟味し、痕跡が目立たず、臭いも断ちきれる方法をクリニックと相談して行うことが大切です。