ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




横浜美容クリニック

 

ワキガ手術にもいくつかの方法があり、症状の重さなどによっても治療法が異なってくることもあります。

 

横浜美容クリニックのワキガ治療には3つの方法があり、わぎがの程度によって治療方法や料金に違いがあります。

 

ワキガ手術を施さない方法もあります。

 

ボックス注入という治療方法はアポクリン汗腺を除去する手術とは違い、汗の分泌を抑える神経をブロックして、アポクリン汗腺からの発汗の働きを抑える治療です。

 

強い匂いを放つ汗腺の除去ではなく、汗自体を出なくする方法です。

 

横浜美容クリニックのワキガ手術の1つめは、マイクロシェービング法による手術で、吸引管を1センチ程度の入り口から入れてアポクリン汗腺を削りながら吸引し、約30分で終了するので翌日から仕事をすることも可能です。

 

もうひとつのワキガ手術の方法は、わきのしわに沿って皮膚を切開し、アポクリン線やエクリル汗腺を削除するマイクロトリミング法です。

 

汗腺削除率も高く、傷が小さいのが特徴で、手術後1週間は激しい腕の動作の禁止と、3日後と1週間後の2回通院が必要です。

 

横浜美容クリニックでは程度に応じてボックス注入やワキガ手術の方法を提供しており、料金はボックス注入が126,000円、マイクロシェービング法は157,500円、マイクロトリムング法は315,000円になります。

 

横浜美容クリニックは土日、祝日をも診察しています。

 

時間を取れない人でもワキガや多汗症で悩んでいる方は、まずは横浜美容クリニックの無料カウンセリングを行って、的確な治療を受けてみることです。