ワキガ治療・ワキガ対策の専門サイト




ワキガ手術の流れ

 

ワキガ手術を受けるための流れを簡単に説明します。

 

まず、ワキガ手術を扱っている病院に行ってカウンセリングを受けます。

 

その際、本当にワキガ手術が必要か判断してもらいます。

 

実は、ワキガではないのにワキガだと思い込んでいる人がいます。

 

臭うかもしてない症候群や自臭症、自己臭恐怖症に陥っている方が結構存在するのです。

 

このような方は、ワキガではないため、当然ワキガ手術は不要と判断します。

 

また、ワキガの症状が比較的軽い方もおられます。

 

このような方も、やはり病院はワキガ手術不要と判断し、その際は必要に応じて対処療法や簡単にケアする方法をレクチャーしてもらう流れになります。

 

症状の重いワキガの方のみ手術をする流れになります。

 

ワキガの程度によって手術の手法も変わってきます。

 

また、病院によって手法も様々です。

 

それに応じて費用も変わってきます。

 

ワキガは手術を受ければ基本的にケアは不要です。

 

術後の通院が不要な病院もあります。

 

しかし、術後の状況は個人によって多少違いますので、対処療法による継続的な管理も重要かもしれません。